猫の首輪用迷子札、ネームホルダー取付例

| コメント(0) | トラックバック(0)

猫堂オリジナルの猫の首輪に着ける迷子札「ネームホルダー」の取付例をご紹介します。
(写真のネームホルダーは、幅3cm×高さ5cmのものです。)

ネームホルダー1

ネームホルダーに入っている色紙に猫の名前やメッセージ、連絡先電話番号を記入しますが、こちらは、パソコンで入力して印刷した用紙をテープで貼り付けてあります。
入力する文字のサイズは6ポイントくらいです。

ネームホルダー2

ネームホルダーに着いている両面テープが裏側になるように、色紙を入れます。

ネームホルダー3

両面テープで貼る前に、一度巻いてみて、長さが長すぎる場合は切っておきます。
(はさみで簡単に切れます。)
その切り口をテープでふさいでおくと、洗濯したときも水分が入りにくく長くご使用いただけます。

ネームホルダー4

首輪にくるりと巻いて、両面テープをぴたっと貼れば出来上がりです。

猫堂オリジナルの猫の首輪用の迷子札、ネームホルダーは、素材や大きさを変えて何度も試作し、猫ちゃんに優しい素材のこの形になりました。
大きさは幅3cm×高さ5cmと、文字が書きやすい幅4cm×高さ6cmの2種類があります。

飼っている猫ちゃんが地震や雷などに驚き、パニックになって思わぬ場所から脱走してしまったとき、連絡先が分からなければ自分の家に帰ることが出来なくなってしまいます。
そんな万が一の備えとして、猫ちゃんの首輪には飼い主の連絡先が分かるように、迷子札を付けておきましょう。

ネームホルダーの販売ページはこちら

猫堂バナー
猫堂

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nekodo.com/blog/mt-tb.cgi/1273

コメントする

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
猫堂オンラインショップ