2016年6月アーカイブ

多頭飼育崩壊30匹レスキューの猫たちの里親募集、企業さんが掲示してくださっていたポスターからのご縁で、猫たちとお見合いの結果、黒猫男子と茶トラ女子の2匹が正式譲渡となりましたのでご報告いたします。

事前にワクチン接種(3種)と血液検査(エイズ・白血病共に陰性(-)でした。)を済ませ、5月3日にトライアルに出発しました。

多頭飼育崩壊レスキュー、里親さま宅へ

猫たちのための部屋と、2匹でしたので3段ケージをご用意いただいておりました。

3段ケージへ

前回のゴンちゃんは、トイレ砂ばらまき事件を起こしていたので、フード付きのトイレをご用意いただき、念のため畳の上にシートを敷いて、壁も養生していただきました。

リビングでトライアルの手続きや書類にご記入いただいたり、猫たちの話を済ませ見に行くと・・・

トイレの中へ

トイレ砂はばらまかず、トイレの中で固まっていました。^_^;

トライアルは1週間くらいということになり、あとは正式譲渡にお伺いするのみになっていたときに事件が発生しました。

5月13日の夜中に黒猫のリッキーくん脱走事件が起こりまして。
連絡をいただいた14日に捕獲器や慌てて作ったチラシやポスターを持参したり、夜間の捜索に伺ったりしていました。
24:00頃まで探しても見つからず、また明日・・・ということにして帰宅したとき、電話が鳴り「洗濯機の裏から出て来ました!」と。(^0^;)

ご家族の方が、帰ってくるかもしれないと玄関や窓を開けたまま家の周りを探したり、チラシのポスティングに歩いたりしている最中、リッキーくんは自分から帰ってきて家の中に入り洗濯機の裏に隠れた。
そのまま夜になって、脱走したままだと思い込み捜索するも見つからず。
お風呂に入ろうと思ったご家族の前に洗濯機の裏から現れ発見!ということでした。

窓と網戸の点検を怠ったための脱走。
猫の脱走は命にかかわる大問題!
捕獲器を回収しにお伺いしながら、再度よぉ~くよぉ~くご説明し、脱走防止策もご提案。
大反省している里親希望者様に厳しいようでしたが、譲渡契約は延期、トライアル延長ということにさせていただきました。

それから、約3週間ほどの間に、網戸ストッパー、格子の脱走防止柵設置など対策をしてくださり、また、なによりも外に出てしまったときの危険さを分かっていただき、トライアルから1ヶ月以上かかりましたが正式譲渡となりました。

すみれちゃん

茶トラの女の子「すみれちゃん」

リッキーくん

黒猫の男の子「リッキーくん」

首輪とネームホルダー

ネームホルダーにしっかり連絡先電話番号を書いてくださっていました。(^^)

寝室の押入れの中で寝ていたところを連れて来られたので、ふたりとも不機嫌そうでしたがなんとか写真を撮らせてもらえました。

里親さまには、2匹ののワクチン代と血液検査代をご負担いただき、さらにご寄付もいただきました。
今後の30匹猫たちの費用に当てさせていただきます。
ありがとうございました。

この30匹多頭飼育崩壊レスキューは、みなさまのご支援により避妊去勢手術を行うことができまして、少しずつですが、飼育環境の改善を行い、里親募集を行っております。
7匹の譲渡が決まり、現在23匹となりました。
これまでご支援くださったみなさま、ご心配くださっているみなさま、ありがとうございます。
今後も地道に活動を続け、1匹でも多く新しい家族を見つけたいと思います。

過去の多頭飼育崩壊30匹レスキューの記事はこちら

猫たちの里親募集は「ネコと動物愛護」の里親募集のページへ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
猫堂オンラインショップ